放射線治療

当然ながら病院で治療する必要があります。
加入している保険にもよりますが、入院となると数十万円~数百万円程度の費用がかってしまい、老後のたくわえが消えたなんて話もよく耳にします。退職金の2000万が・・・とか。
退院してからも通院などでお金が出ていくばかりです。

がん治療は大きく分けて局所療法と全身療法の2種にわけられます。
放射線治療は局所療法に分類され、早期がんや局所進行がんまで治療可能です。
※進行癌とは最初に癌が発生した部位から周辺の組織またはリンパ節に広がっている癌(転移)

では放射線治療がどのようなものか説明していきます。

治療に使われる放射線は主に、X線・γ線、電子線で、研究段階ではありますが陽子線・重粒子線なども使われています。

なんちゃら線ってなに?って感じですよね、私もです。
おおまかに説明すると

X線・γ線:体の深部に行けば行くほど線量の少なくなる放射線です。
その特性を利用し放射線を多方向から当てることで正常組織へのダメージを最小限に抑えつつ癌を集中攻撃することができます。
主にレントゲンで使われているので名前は知ってるひとが多いのではないでしょうか?

    ::対象となる主な腫瘍::
  • 頭頸部領域(とうがいぶりょういき)のがん
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 子宮頸がん
  • 前立腺がん
  • 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)
  • 悪性リンパ腫
  • 食道がん
  • 脳腫瘍(成人・小児)

電子線:X・γ線に比べて飛程が短いので、腫瘍の深さに応じて電子エネルギーの本数を考えなければなりません。比較的に皮膚のすぐ下の癌に用いる。

陽子線・重粒子線:粒子を利用した放射線。体の表面付近では線量が低く、粒子が止まる場所で最も線量が大きくなります。
この事から、癌で粒子が止まるようにしておけば病巣のみを狙い撃ちすることができるのです。

陽子線:狙い打ちできるとは言っても、陽子線は少々範囲が広めです。
病巣が小さい場合、周りの正常な細胞も傷ついてしまいます。
逆に少し大きい病巣の場合に有効的な治療だと言えるでしょう。

    ::対象となる主な腫瘍::
  • 脳腫瘍
  • 頭蓋底腫瘍(とうがいていしゅよう)
  • 頭頸部腫瘍(とうけいぶしゅよう)(口・のど・鼻・副鼻腔・眼窩)
  • 非小細胞肺がん
  • 肝細胞がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)
  • 下垂体腫瘍(かすいたいしゅよう)、悪性髄膜腫(あくせいずいまくしゅ)など
  • 鼻腔粘膜の悪性黒色腫
  • 骨・軟部組織の悪性腫瘍
  • 直腸がん術後局所再発
  • 小児腫瘍【横紋筋肉腫(おうもんきんにくしゅ)、ユーイング肉腫、髄芽腫(ずいがしゅ)など】
  • その他、肺がん術後局所再発例、転移性肺腫瘍、転移性肝腫瘍なども適応検討の対象となります

重粒子線:照射範囲が狭いため、病巣をピンポイントに狙うことができ、放射線の影響を受けやすい細胞の付近の治療ができます。
また、他のものに比べ2~3倍線量が強いため、短期間での治療が可能となります。

    ::対象となる主な腫瘍::
  • 頭蓋底腫瘍(とうがいていしゅよう)
  • 頭頸部がん(とうけいぶがん)(口・のど・鼻・副鼻腔)
  • 眼腫瘍
  • 非小細胞肺がん
  • 肝細胞がん
  • 前立腺がん
  • 直腸がん術後骨盤内再発
  • 骨腫瘍(特に骨盤・脊椎)
  • 軟部組織腫瘍(なんぶそしきしゅよう)(筋肉・脂肪・血管)

    ::放射線治療におけるメリット::
  • 体に切り傷が残らない
  • 寝ているだけでいい簡単な治療
  • 痛みも苦痛もなく、日々の治療による負担は少ない
  • 通院での治療が可能
    ::放射線治療におけるデメリット::
  • 癌以外の細胞にも炎症が出てきてしまう
  • 体の倦怠感、食欲不振、軽い貧血、眠気、むかつき、皮膚炎などの副作用がある
  • ※これらの副作用は放射線の照射が終わると日ごとに(1~2瞬間程度で)弱まっていきます。
  • 後遺症が残る場合がある(男女関係なく不妊など)
    陽子線・重粒子線の場合に増えるデメリット
  • 治療を受けられる施設がとても限られている
  • 先進医療のため保険が効かず治療費が高額である