陽子線治療

陽子線は、放射線の一種です。
癌に使用される放射線には2種類あり、エックス線、ガンマ線などを「電磁波」、電子線、炭素線、陽子線などは「粒子線」と呼ばれます。
放射線での治療はメスなどを使わないので、体に傷が残らず痛みもありませんが、放射線を癌細胞に照射して細胞を壊すこの治療法では、癌細胞以外の正常な細胞も放射線によって損傷を受けてしまうので、副作用が出てしまうことがあります。

しかし、陽子線治療は癌細胞だけをターゲットにし、照射することができるので周囲の正常な細胞の損傷を抑えることができる治療法です。
「陽子」とは、水素の原子核のことをいい、プラスの電気を帯びた粒子です。
この陽子を非常に高いエネルギービーム状になるまで加速して、癌細胞に照射する治療法を陽子線治療といいます。
この治療をするためには大きな施設を必要とします。
そのため、施設を持てる病院は少なく、先進医療とされており、保険の対象にもなっていないため、治療費もかかります。(治療に伴う入院費、診察料は保険の対象です。)

胃や腸などの消化管、またその周辺のがんには治療を行うことが難しく一般的に放射線治療の対象にはなりません。
そして,癌腫瘍の大きさが12cm以上の場合も技術的に治療が難しくなっています。